「FPの家」をおすすめする10の理由 その1

私たちは自信をもって「FPの家」をおすすめしています。
それは、「からだにいい家」に必要な6つの項目
≪高気密、高断熱、計画換気、保温性、無結露、耐震性≫
がそれぞれ高いレベルでかつバランスが取れているからです。
そんな「FPの家」の特長を詳しくご紹介させていただきます。

その前に、FPって何?
よくあるご質問です。

F(フレーム)&P(パネル)の略です。
断熱材の硬質ウレタンを、木枠のフレームに液体から充填発砲させ
30トンの圧力でプレスして接着した木枠付きのパネルを、床・外壁・
屋根裏に使用して建てられた家のことです。
 
  

強い家の秘密は「断熱材のつくりかたにあり」

1980年代北海道において、グラスウール断熱材が施工された住宅で
結露により木材が腐って床が抜けるという事例が頻発しました。

  

そこで、腐りやすい家はつくりたくないという志をもった北海道の
ビルダーが、結露しない断熱材を探し求めてたどり着いたのが
硬質ウレタンでした。
そして木で枠を組み、その中にウレタン断熱材を充填発泡させ一体化
するという当時では画期的なつくり方を開発したのです。

この画期的なつくり方は、他の断熱材にはない、現場を知る職人目線
のアイデアでした。
さらに試行錯誤を重ね、頑丈で耐水性や耐久性もあり、安定した
施工品質が確保できるFPウレタン断熱パネルが完成したのです。

大切なお客様のために1枚1枚丁寧につくられる点も、技術にこだわる
工務店に支持されて全国に広がるようになりました。

関連記事

  1. からだにいい家のつくり方 Vol・1

  2. 明日も暑そうです☀

  3. いい天気

  4. 成長が楽しい♬

  5. 紅葉

  6. 家で過ごす時間