top of page

からだにいい家のつくり方Vol・14

こんにちは。 8月8日から16日まで9連休なんて方もおられるんでしょうね? お休みはどのように過ごされるか、色々検討されている方も多いと思います。

家づくりを検討する中で、ご主人から書斎が欲しいという要望が出て、 つくる、つくらないで夫婦間でギクシャクしてるなんて方はいませんか?


実は、書斎づくりはご主人にも奥様にもメリットがあるということを ご紹介したいと思います。

男性の求める書斎とは、いわゆる「書斎という名の趣味の部屋」が大半で 1.5帖から2帖くらいで、隠れ家的な空間を要望される方が多いです。

あるお客様から 「最初は書斎づくりはもったいないから反対でしたが、書斎をつくって本当に良かった」 という声をいただきました。 何故かというと・・・ 今までの住まいでは家族の生活ゾーンに、ご主人の道楽品が散乱し 奥様は部屋が片付かないことがストレスだったそうです。

書斎をつくったことで、ご主人の道楽品は全て書斎行きに・・・ 奥様の視界からご主人の道楽品が消えて、部屋がスッキリしたことで奥様の ストレスは解消。 ご主人も邪魔されずに自分の道楽を楽しめるように。 つまり、奥様もご主人も大満足という結果になったのです。

良いことは分かったけど、スペースが取れない、予算が増える・・・ そんな悩みもあると思います。

高気密・高断熱の「FPの家」ならそんな悩みも簡単に解決します。 例えば 屋根裏空間の有効利用です。 PC利用等のための机スペースは1帖くらい確保、道楽品の飾りはロフトに 机スペースは平面上にないと使いづらいですが、道楽スペースははしごで ロフトへ行く。  つまり、隠家感覚ですね。

クローゼットを平面で確保すると3帖~4帖欲しいってことになりますが、 勾配天井にすれば、平面は2帖でも上にスペースが広がるので、3層~4層 の収納スペースが出来ますね。 また、ロフトをそのままクローゼットにしてしまえば、広いクローゼット が出来ると思います。


従来ですと、寒い、暑いの屋根裏は部屋空間としては敬遠されていました。 高気密・高断熱の家なら、そんな心配はいりません。 家の坪数を増やしたり、他のスペースを犠牲するなどの心配はいりません。 使ってなかった空間を利用するので、建築費が大幅に増える等のご予算の心配もありません。

只今、家づくり検討中という方、これから検討始めるよという方 書斎スペースは是非ご検討ください。

Comments


bottom of page