top of page

「FPの家」をおすすめする10の理由 その2

<その2> 断熱材の入れ方に注目「すき間のない家をつくる」

FPウレタン断熱パネルの丈夫さと精度の高さを一番に 実感できるのは、パネルを施工する時です。

一般的に断熱材を施工するというと、柱の間に断熱材を そっと入れ、落ちないように柱と柱の間にに留めていく というイメージかもしれません。

「FPの家」は、パネルは施工する住宅の設計に合わせて 1枚1枚オーダーメイドでつくられます。 パネルと、柱や土台、梁などの構造材とのすき間はほとんど ない高精度。 木槌(きづち)でパネルを柱の間に叩き込むようにして 入れてガッチリと納まります。


パネルをはめるだけですき間はほとんどなくなって しまいますが、さらにパネルと柱の間にアルミ製気密 テープを貼り気密性を高めます。

また、配管や配線するときの小さなすき間などは現場発泡 ウレタンで埋めていきます。


こうして「魔法瓶のような家」が完成します。

Comentários


bottom of page